技術翻訳を依頼する時に読んでおきたい翻訳方法について

翻訳の種類と技術翻訳

技術翻訳が必要になった時はこのサイトをご覧下さい!専門用語もしっかりと訳してくれるから、商談にも活用することができますよ。

翻訳の種類

言語の翻訳といっても様々な翻訳の仕方があり、使用用途によって翻訳の仕方を使い分ける必要があります。
よく聞く私達が知っている翻訳といえば、本や書物などを様々な言語に翻訳する文芸翻訳があります。身近なものでいうと映画の翻訳もあります。
ワールドワイドな会社ならばビジネス翻訳に触れる機会もあるかと思います。
翻訳の中でもあまり聞き慣れない、知られていない翻訳方法に技術翻訳というものがあります。
技術翻訳とは通常の翻訳とは異なり、技術的なワードや文脈を分かりやすく伝えるのが目的の産業業界で非常に大切な翻訳方法です。
そのため翻訳対象の技術に精通しているのは勿論の事、前後の言葉との意味合いを整理し、正確に伝える語学力が必要です。

技術翻訳とは

技術翻訳には高い語学力が必要ですが、ただただ語学力が高いだけでは技術翻訳においては正確な翻訳は出来ません。
誰が読んでも、その技術を知らない人が読んでも正確に理解させる必要があるので、感情や憶測を交えないテクニカルライティングの力も同時に必要になります。
テクニカルライティングの目的は、読み手側の理解の確認と、翻訳時の文章作成の効率化が上げられます。
技術翻訳の場合、誤解や違和感を与える翻訳であってはいけません。
曖昧な表現は避け、またその技術分野ではあまり使われない馴染みのない表現の仕方は避け、分野にあった言葉選びが大切になってきます。
正確な翻訳ができると他国に向けての技術の輸出は勿論の事、海外からの技術の輸入で効率的に学ぶことも出来、産業の発展に直接貢献出来ます。
あまり馴染みのない技術翻訳ですが、このように産業の発展は勿論、技術の継承においても非常に重要です。

ピックアップ

依頼時に確認すること

翻訳会社に技術翻訳を依頼する時には実際にかかる料金のほか、確認したいプランやサービスがあります。吟味せずに安易に依頼することは避け、複数社において見積もりや無料トライアルを体験することをオススメします。

» readmore